主婦には銀行系カードローンがおすすめ

主婦には銀行系カードローンがおすすめ

家庭の主婦は、毎日家計のやりくりに奮闘しています。

 

しかし、レジャーや慶弔費、教育費などで不意の支出が生じることがあります。その場合は、何らかの手段でお金を調達しなければなりません。

 

そんな時に味方となるのが、銀行系カードローンです。

 

カードローンそれは http://www.cityticker.net/

 

去る2010年に貸金業法が改正され、総量規制という基準が設けられました。これは、借り入れ金額を自己の年収の三分の一以内に抑えるという法律です。

 

この法律は、信販会社や消費者金融会社に適用されることとなりました。そのため、無収入である主婦がこれらの金融機関からお金を借りることができなくなったのです。

 

しかし、銀行系のカードローンに関してはこの総量規制の対象外となっています。ですから、主婦でもカードローンを利用することができます。

 

 

 

銀行系のカードローンは審査の基準が厳しく、融資までに若干の日にちがかかります。

 

ただし、融資に対する利息が低く、利用しやすいという特徴があります。また、融資限度額は30〜50万円程度に設定されているところが多く、中には500万円まで融資を受けられるところもあります。これは、主婦にとって充分な額だといえます。

 

さらに、配偶者の同意書や保証人、担保も必要ありません。事前の準備や心理的負担が少ないことも、大きなメリットです。

 

主婦がお金を調達したい時には、銀行系カードローンを利用するのがおすすめです。

カードローンを利用する場合には注意する点があります

 

カードローンを利用する場合には注意する点があります。

 

簡単に利用できるカードローンは、利用方法を誤ると多重債務になる道具になってしまいます。

 

ローンは、借金という意識を日ごろから持っておいて、便利で使いやすい道具にしましょう。

 

借入希望金額というのはできるだけ高額のほうがいい、というのは正しくありません。

 

自分が必要としている金額というのが借入希望額なのです。

 

また、カードローン利用すると金利が発生します。

 

金利と元金を合わせた金額を毎月支払う必要があるので、生活に困らないかよく確認してから契約を行ないましょう。

 

カードローンを何回も利用していると、自分の口座であるかのような感じになる場合があります。

 

そのようになると、すぐにカードローンの利用限度額に達してしまいます。

 

利用限度額に達してしまうと、急に便利が悪くなったような気になって、別のカードを作るというようなことになってしまいがちです。

 

総量規制の枠内で新しいカードを作れる場合もありますが、そうでない場合は、悪い業者に騙さるような場合があります。

 

悪い業者の中には、カードローンは基本的に無担保であるが担保を要求したり、公正証書を要求したりしてくる場合があります。

 

そのような業者と契約を行った場合は、不当な取り立てをされたり、担保を取り上げられたりするので注意が必要です。